高島 亮 さん (たかしま りょう)
(株)ぷれし〜ど代表 ・ かたりすと・正観塾師範代
<友人のまとめによるプロフィール>

昭和42年新潟県に生をなす。

小・中学校の頃、周囲から「神童」 と呼 ばれていた高島は、高校時代は「仙道」にの めり込み、密かに仙人になろうとする。その 成果もあってか走り高跳びは1m95cmを難なく 飛んでいた。

河合塾で1浪の後、東京大学文科V 類に 入るがこれまでの「反動」かテニスとマー ジャンに明け暮れる毎日を送る。

大学卒業後、ひょんなご縁で三井石 油化 学(株)に就職。

しかし、「商談中に堂々と寝る」癖 のあ る奇人は、やはり大企業のサラリーマンは向 かなかった。

ライフテーマである「心」「生き 方」 「人間の能力」等への飽くなき追究のため勇 気をもって退職。

精神世界専門のたま出版に取締役支 配人 というもの凄い肩書きで転職する。

その後、関連会社のたまメンタルビ ジネ ス研究所で、心とビジネスとの関わりをテー マに、7年間でのべ200人以上の先駆者の 講演会やセミナーを主催。同社代表取締役を 経て退職。

その直後、小林正観さんはじめ彼を 応援 する人たちの支援により、株式会社ぷれし〜 ど設立、代表取締役就任。現在に至る。

彼のまわりにはいつも時代を変える ほど の大きい影響力を持つパワフルな人たちが集 まり、その人たちと出会った人たちの人生が また劇的に変わっている。

自分らしさを生きている人を見極め る卓 越した「眼力」と活きた「縁づくり」が彼の 天性である。